保証人とは

「保証人になって欲しいんだけど・・・絶対に迷惑は掛けないから!」と、もしも言われたらどうしますか??

親しい人なら特に「お世話になっているし、名前を貸すだけなら・・」とか思ってしまう人もいますよね。ですが、あとで、こんな予定では・・っていうこともよくあるので「保証人」とは何かを正しく知っておく必要があります。

まず、保証人になるという事は、どうゆうことなのか。

保証人を頼まれる多くの場合は、家族や知人がお金を借りたり、契約型のクレジットショッピングを利用しようとしているときだと思います。

その時に保証人になるということは、お金を借りたり、分割払いで買い物をする本人が返済や支払いができない場合にその人に代って借りているお金を返済するという責任になります。

だけど、これは厳密にいうと、保証人についてのことであり、連帯保証人とは話は変わってきますよ。しかも、私たちが普段保証人と呼んでいる者のほとんどが、連帯保証にを指しています。そして、債権者(お金を貸す側)が要求しているのは、保証人ではなくて、連帯保証人のほうなんです。

では、保証人と連帯保証人の違いとは、連帯保証人の場合だと、お金を借りた本人と全く同じ立場となります。単なる保証人との決定的な違いですね。

保証人の場合ですと、債権者から、お金を返してと請求されると、まずは主債務者に請求してほしいという事ができます。また、債権者が主債務者よりも先に保証人の財産を差し押さえようとすると、私より先に主債務者の財産を差し押さえてくださいということもできます。

が、連帯保証人となると、それすらも主張できなくなってしまいます。主債務者本人と全く同じ立場となるので、連帯保証人自身がお金を借りたことと何も変わりがありません。同じ責任を負います。

親しい人からの保証人になってほしいというお願いというのはなかなか断りにくいものですよね。人間関係もありますし・・・

ですが、考え方の起きな誤解があることを知っていますか??

多くの人たちは、その人との関係だけを考えて債権者のことはあまり気にしていません。

主債務者と保証人との契約ではなくて、あくまでも、債権者と保証人との間での保証契約となっています。

もし、主債務者の人が自己破産した場合、その破産をした人は返済をしなくてよくなりますが、保証人は返済をしなければならない義務があります。保証人も返済が厳しいのであれば、債務整理をしなくてはならなくなります。

このようにして保証人に起因した債務整理が起こることになるのです。

なので、保証人を引き受けるのであれば、その人に代わり、返済をする覚悟を持って引き受けてくださいね。

万が一、自己破産などをされて自分も払えない場合には、債務整理をしなくてはならなくなる可能性が高くあることも覚悟しておかないといけませんね。

保証人を引き受ける時点で、代わりに支払うつもりはない、自分に債務を保証する能力もないと思うのであれば、断るべきですね。

保証人が無くても借し入れのできるところはこちらです→貸し入れ※銀行・消費者金融からお金を借り入れするポイント

保証人がなく借りることができたら、誰にも迷惑を掛けることはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>